血管外科・循環器内科・心臓血管外科 Fujisawa Cardio-Vascular Clinic

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0134-22-2238

診療内容のご案内

当クリニックでは、狭心症・不整脈などの心臓病、高血圧や高コレステロール血症などの生活習慣病、閉塞性動脈硬化症・血栓症・下肢静脈瘤などの血管病について診療しています。

心臓病、生活習慣病について

 狭心症や不整脈などの心臓病

・胸が痛い、圧迫されるような感覚がある。
・軽い運動でも息切れがしたり、胸が苦しくなる。
・めまいがする。意識がフワッとなることがある。
・動悸がする。脈が抜ける感じがする。

これらの症状は、狭心症不整脈といった「心臓の病気」が原因となっている可能性があります。
一口に心臓病といっても様々な疾患がありますが、早期に適切な検査・治療を受けなければ、大きな合併症を生じたり、命にかかわってくるような場合もあります。

当院では、心臓病の有無やその程度を的確に診断する各種検査機器を備えております。
また、急性心筋梗塞のような緊急性の高い病気の場合や、心臓CT・カテーテル検査等の更なる精密検査が必要な場合も、連携病院との協力により、すぐに最善の処置を施すことが出来るよう、体制を整えております。



 高血圧や高コレステロール血症などの生活習慣病

高血圧高コレステロール血症は症状がないことも多く、放っておくと、動脈硬化を起こしてやがては心筋梗塞や心肥大などの心臓病を引き起こしたり、脳卒中などの合併症を生じることがあります。 自覚症状が出たときはすでに生死に関わる病気が進行していたという例もよくありますので、集団検診などで「高血圧」「高コレステロール血症」と診断された場合は、速やかに医師の診断を受けましょう。 症状の軽い時期から治療を行うことが大切です。


血管病(大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤など)について

 血管(動脈)の病気

① 大動脈の病気

代表的な大動脈の病気としては、「大動脈瘤(血管がコブのように膨らむ)」「大動脈解離(血管の壁が剥がれてしまう)」があり、ともに、生命に直接かかわる大きな病気です(動脈が破裂すると死亡する危険性があります)。
緊急手術が必要な場合もあり、診断と治療に際しては、血管外科の専門知識と経験が不可欠な病気です。


② 四肢の末梢動脈の病気

末梢動脈の代表的な病気は、「閉塞性動脈硬化症」と「急性動脈閉塞症」です。
長年かけて動脈硬化が進行し、動脈の壁がボロボロに傷んで、いよいよ詰まってしまう病気が「閉塞性動脈硬化症」。血栓などが、突然、動脈に詰まってしまうのが「急性動脈閉塞症」です。
ともに、お腹から足にかけての動脈がよく詰まってしまいます。
動脈が詰まると、新鮮な血液が十分に流れなくなりますので、「冷え・痛み・しびれ・歩くとだるくなる」といった症状を引き起こします。


「メタボ」は血管病の最大の原因です!

大動脈の病気も末梢動脈の病気も、高血圧・高脂血症・糖尿病(いわゆるメタボ)の患者さんに多く生じます。
また血管病の方は、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞を合併することも多く、「足がだるい・冷たい・痛い・しびれる」という症状がある場合、早めに血管の検査を受けるのが望ましいと言えます。
当院では、血圧脈波測定装置・エコー検査等の体に負担のない検査で診断し、更なる精密検査(MDCT、皮膚組織灌流圧測定、カテーテル検査、MRI等)が必要な場合には、連携病院に検査を依頼・予約します。



 血管(静脈)の病気

① 下肢静脈瘤

体の静脈の病気の中で、最もよくみられるのが「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」です。
「下肢静脈瘤」とは、足の表面の静脈に、老廃物を多く含んだ血液が充満し、「足の血管がボコボコと膨らむ」「足がむくむ・だるい・つる・かゆい・湿疹が治らない」といった症状を引き起こします。
静脈の中にある血液を支える弁が壊れることによって生じ、その原因は、遺伝的素因・妊娠・加齢・立ち仕事など様々です。
静脈瘤は命にかかわるような病気ではありませんが、静脈疾患は足の健康をひどく障害するだけでなく、深部静脈血栓症という大きな病気がひそんでいる場合もあり、適切な治療を行う必要があります。
当院では、下肢静脈瘤を診断・治療するための専門設備を整え、全ての手術を日帰りで行っております(全て保険診療です)。


② 深部静脈血栓症

深部静脈血栓症」は、主にお腹から足にかけての太い静脈の中に血栓が出来て閉塞してしまい、著しい足のむくみや強い痛みを生じる病気です。
詰まっている血栓が剥がれてしまうと、血流に乗って心臓から肺へ流れ込み、肺の血管を詰まらせてしまう(肺塞栓症)を生じることがあります。
多量の血栓が肺の血管に流れ込んでしまうと命を失うこともあり、突然死の原因の一つになっています(エコノミークラス症候群という名で有名です)。
血栓が詰まっている部位、血栓の状態(硬さ・大きさ・可動性など)を正確に診断し、なるべく早く適切な治療を始める必要がある病気です。
治療法としては、特殊なカテーテルによる血栓を溶かす方法、一時的もしくは恒久的なフィルターを体に入れる方法、手術で取り除く方法、点滴や飲み薬での治療、圧迫療法などがあります。
これらの方法を組み合わせて治療が行われますが、適切な治療方針の決定には、数多くの深部静脈血栓症の治療経験と知識を必要とします。
当院では、エコー・空気容積脈波検査・迅速血液検査による診断のもと、連携施設との協力により、迅速に治療が開始できるような体制を整えております。


下肢静脈瘤の診療について 地図・アクセス スタッフブログ

MENU

ページトップへ戻る
Copyright(C) 藤澤心臓血管クリニック All Rights Reserved. プライバシーポリシー